食事するだけで3万円くれる起業家の男性
お金くれる男性の意味が理解出来た時、本気で渇望する気持ちを持ちました。
教えてもらった、お金くれる男性は援助交際のような肉体関係は求めません。
エッチな関係を作らず、お手当を出してくれる魅力的な人。
太っ腹な優しい人。
デートするだけ。
その意味を理解してから、居ても立っても居られない気持ちになってしまった私だったのです。

28歳、ショップ店員です。
この仕事、なかなか大変なんです。
お仕事自体も、やることが多く、また給料も決して高くはない。
制服がないため、ファッションも自払いで仕事をしなければなりません。
自己出費も多く、仕事もきついのに、収入が少ないのです。

高校時代の同級生から誘われて、お酒を飲むことになりました。
正直、乗り気ではありませんでした。
それは、お金が足りなかったからです。
しかし、同級生は「お金は出せるから」と、言うのです。
彼女、中小企業で働くOL。
なぜ、ご馳走出来るのか?
とても不思議でした。
その理由を聞いて、腰を抜かしました。
食事のみの男性を探したと言うのです。
そんな関係があるハズないと思いました。
「なに言ってんの、パパ活なんて定着しているでしょう。出会えたら凄いことになるの」
満面の笑みで彼女は話し出しました。

出会い系アプリの中で、必死に相手募集を継続。
諦めない気持ちを持っていたところ、食事デートだけで、お金くれる男性と出会い、以降も関係を継続して大きな副収入を得ていると教えられました。
出会い系アプリへの挑戦が、この瞬間から始まりました。

お金くれる男性を探すため、同級生の使ったアプリの中で活動しました。
時間が必要である。
諦めない気持ちを持つことも必要である。
お金のことを積極的に話しては駄目。
このことを頭に入れながら募集を続けました。

凄いですよね。
本当に出会えてしまいました。
大学の教授という60代の男性でした。
セックスを求められず、2万5000円の支払いを受け取れ、継続して待ち合わせしてくれって言われてしまいました。

男性の言葉通り、毎週会うことになりました。
食事という短時間で、一気に2万5000円の収入。
合計で、1ヶ月に10万円の副収入なんです。
お金を出してくれる男性の存在の大きさを、現在痛感している最中です。
援助交際デリバリー
ホ別苺

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。